<   2006年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

久々のいずみホール

May26’06

 久しぶりのいずみホール。 今までこのホールで何回かリサイタルや室内楽は演奏しましたが、オーケストラとのコンサートは考えてみたら初めてです。 
 
 ゲネプロで音をだしてみると、

「そうそうこのふわっとした広がる響き。 懐かしいなあ。」

 アメリカにはこの手の響きのホールがなかなかないので、なんだか懐かしく感じられました。モーツアルトを演奏するにはこのタイプの響きのホールは、音に一層の輝きを与えてくれるので、とても気持ちがいい感じ。  
 この響きの中モーツアルトのアダージオを演奏すると、天国に近づけるような気さえします。
この曲、たくさんの方がメロディーを聴けば、

「ああ、この曲ね。」

とおわかりになるだろうと思うのですが、なかなかコンサートの中にプログラムされることが少なく、ライヴで聴く機会って少ないのではないかしら、、。 指揮の大山さんのお話では、江藤俊哉先生の生徒さん、すなわち江藤門下としてはくぐらなければならない大切なレパートリーの一つなのだそう。 この曲がまともに弾けなければ先にいけません、ということらしい。 あらためて弾いてみると、なるほど、シンプルな中になんとも色々なものが込められているかと感心してしまいます。
 そして、一番のコンチェルト。 この曲もなっかなか採り上げられないヴァイオリンコンチェルトの一つ。まず、この調性変ロ長調というのもめずらしい。この調性のせいか、非常に弾きにくいパッセージがあったりします。 でも、なかなかチャーミングな曲で、3楽章などはちょっぴりハイドンっぽかったりと、弾いていて楽しい曲でした。 まあ、楽しいと感じられるのも、共演者とのコミュニケーションがうまくいっていると感じられるからですけれど、、、。

 それにしても大山さんとは、何度もお誘いいただいて共演させて頂いていますが、いつも大山さんの音楽に対する情熱、それも、今までの数々の大山さんが積んでこられた貴重な経験のもとに大木のように大きくなる、そして、深くなるそれに大いに刺激を受け、その都度ご一緒させていただけることに喜びと感謝の気持ちでいっぱいになります。 これからもたくさんのレパートリーをご一緒させていただけたら嬉しいです!
[PR]
by okyovn | 2006-05-26 23:08 | 音楽

お刺身盛り合わせ!&おばけ!?

 こんなのを食べました!b0098423_2313858.jpg




















b0098423_2324445.jpg
[PR]
by okyovn | 2006-05-25 23:30 | 食べ物

さしみ立ち食い初体験!

May25’06

 今朝の朝食は、ホテルのレストランにて。 だいたいどこでもツアーに出かけたときの朝食は、一回はホテルで食べてみることにしているのですが、日本のホテルの場合は、特に和朝食を食べてみたくなるのです! たいていホテルに入っている和食のレストランにて和朝食なるものが食べられるパターンが多いのですが、ここニューオータニは違うらしく、ロビー階にあるカフェレストランにて、和洋折衷の朝食ビュフェが繰り広げられていたようです。 久しぶりの日本のホテルの朝食ビュフェ、欲張ってたくさん食べてしまいました、、、、。

 さて、初日のリハ。今回のプロのモーツァルトのアダージオ、そして、コンチェルト1番は、両方とも全く初めての演奏となるんです。 初めての曲を演奏するときは、準備をたくさんする、しないにかかわらず、とにかく本番を演奏してみないと、体の中に完全に音楽が色々な意味で溶け込みきれないということがあるのです。 一回それをすると、頭、体、心とその音楽の距離がぐっと縮まるようにわたしには感じられます。 したがって、リハはまだまだ手探り状態ですが、だんだんその曲に近づいていく感触は、なかなかいいもの。ダイジェストする感覚とでもいいましょうか、、。 

 リハ後、前回の定期でもお世話様になったメンバーのHさんから、嬉しいお食事のお誘い。
日ごろオーケストラとの共演で、指揮者の方や、オーケストラのマネージャーなどからお誘いいただくことはよくあったとしても、なかなかオーケストラのメンバーの方々とご一緒するという機会は少ないのです。 ですからメンバーの方々の素顔を拝見できるオーケストラとの旅行などは、とても興味深く、それぞれのオーケストラとの距離が縮まるようで、とても嬉しく思うのです。

 さて、どこにお連れいただけるかと楽しみにしていると、これまた私としては今まで足を踏み入れたことがないような、駅の線路下にある立ち食いのお食事どころだったのです。

「え、ここですか?」

と確認をしたくなるような場所だったのですが、メンバーの方々いわく、

「ここは、見栄えはともかく、実にお安く、うまいさしみをたべさせてくれるんだよねえ!」 

この一言に、初体験にはいつも興味津々(ましてや食べ物に関しては特に)の私は、胸躍る!しかも今日はお昼抜きで腹ペコだ! 

 楽しみにお料理を待つと最初に「ど~ん!」と、大皿にダイナミックに盛られたお刺身の数々。
たしかに、こういうタイプのお店で出すとは思えないような美味しさ。 特にまぐろ、そして、たこが美味しかった! もうこうなったら次々に美味しそうな品をどんどこ頼むは頼むは、、、。
ずっと立っているのも忘れ、メンバーとの楽しくて、リラックスしたお話とともに、あらゆる魚類を堪能したのでした!b0098423_22591653.jpg
[PR]
by okyovn | 2006-05-25 23:29 | コンサートツアー

再び大阪へ

May24'06

 先3月に大阪シンフォニカーの定期演奏会でブラームスを演奏して以来、再びこのシンフォニカーとのコンサートのため大阪入り。 
 娘は今回の大阪ツアーは短期間なのと、まだ時差ボケも残っているので、実家の両親に預けることに。 娘もジージとバーバにはすっかり慣れているので、比較的安心して預けられるのです。 
 東京から同じ新幹線に乗って、途中名古屋でしばしのお別れをし、久々の一人旅。 さあ、頭を一揆に今回演奏するモーツアルト一本に切り替えて、気を引きしめてっと。

 今回の宿泊は、コンサートの開かれるいずみホールの隣のホテルニューオータニに。 
いきなりパジャマを持っていくのを忘れたことに気づき(ホテルに浴衣などあるのですが、私はどうもズボンをはかないと落ち着かないのです、、、。)、確か近くに小さなモールのようなものがあったと出かけてはみたものの、そのモールはあるにはあったのですが、なんとなく以前の印象とは違い、多少活気なるものがなくなっているように感じました。 以前は確かに存在した本屋さんも、消えています。 かといって、このモール以外にはこの辺、お店なるものがコンビにくらいしかないのですねえ。  というわけで、この大阪城に近いニューオータニの周辺は、不便なんだな、という印象がインプットされてしまいました!

 今日の夕食は、手っ取り早くルームサービス。 しかしながらメニューを眺めても「これっ!」
というものがなかなか見つかりませんでしたが、和風路線でかつ重とサラダにしたのでした。
(NYのダンナ君の「やっぱりね。」という声が聞こえてきそう、、、。)
[PR]
by okyovn | 2006-05-24 23:03 | コンサートツアー

帰国しました!

May23’06

 帰国して早、2日目が終わろうとしています。 

娘との二人旅、比較的娘がいい子にしていてくれたので、なんとかなりました。 しかしながら、機内で眠ってしまうことができないので、(気を許すと、寝ながら暴れる娘がいすから落ちそうになってしまうんです。)やはり、家に到着するといつも以上にグロッキー状態でしたが、、、。

 帰国一日目は、定期的になりつつあるP様を囲んでの室内楽を楽しむ会があり、今回は、本当に何年来かかぞえてみないとわからないくらい久しぶりにご一緒したピアニストの小川典子さん、前回に引き続き高校時代の同級生のチェロの荒庸子ちゃんなど嬉しいメンバー。

 当時ジュリアードで勉強されていた先輩である典子さんに、留学一年目の不安な私は、本当に色々とお世話様になり、頼りにさせて頂いておりました。 今やロンドンに移られて何年もたつわけですが、彼女のダイナミックで愉快なトークはそのままで、とても懐かしく、また、お腹を抱えて笑いながら楽しく聞かせていただきました。 

 同級生の庸子ちゃんは、相変わらずいつお会いしても素敵で人を包み込むような優しさがあふれていて、このような長年の友は、いつまでも大切にしたいなあと思うばかり。

 ところで、今回の曲目はドボルザークのピアノクインテット。この曲、あらためて盛りだくさんのキャラクターの詰まった大曲だなあと再認識しました。夏の韓国での音楽祭でも演奏するので、あらためて勉強し直そうっと。

 明日からは大阪入りします!
[PR]
by okyovn | 2006-05-23 21:45

パッキングやっと完了!

May19’06

  ふーっ、やっとパッキング完了。時計をみると夜中の1時。 

おかしいなー、なんでこんなに時間かかるんだろう。 今日は朝の9時からパッキングを始めたというのに、、、、、。

 いつもこうなんです。 特にこれから外地へ出かけるっていう旅のパッキングには、あれこれ想像をはりめぐらし、あれがいるだろうか、これがいるだろうかと旅が長ければ長くなるほど、頭を悩ますのです、、、、。 特に子供ができてからの旅行は大変。 いままでの2倍用意をするわけですから。 

 最近はコンピュータにツアーパッキングリストなるものを作り、それぞれの場所、内容にあわせて調整をしてプリントアウトし、それに沿って準備開始。 まあ、今回は日本なので、娘のおもちゃや食料はもって行かなくていいのが救いの種。 一番いつもナーバスになるのが、コンサート用の物を用意するとき。特に楽譜やドレス関係。 楽譜は、コンサートが多いほど、プログラムも変わるわけで、それだけ何曲分もそろえなければならない。 まあいざ忘れたら探す方法もあるにはあるけれど、なんとなく、日々その楽譜をみて弾きこんで来て、色々印なども入っていると思うと、いくら暗譜していても、それがないとなんとなく落ち着かないものだから、、、、。 


 とにもかくにも、明日は娘との二人旅。 これは実に体力、根気のいる旅で、あー栄養ドリンクでも飲んでいくか~!
[PR]
by okyovn | 2006-05-19 23:58 | コンサートツアー

新しいベーカリー発見!

b0098423_13435869.jpg










May18’06

 今日食料品を買いにタイムワーナーは行ってみると見つけた看板

「Bouchon Bakery Now Open」

 このベーカリーという言葉にめっぽう弱い私は、目を輝かせて早速チェック!
ありました、ありました!このモールの3階に。 こんな場所にあって、お客様来るンかいな?
思いつつ、なんともその店構えは、さわやかなグリーンと茶をベースにした好みのデザインで、思いっきりアメリカにしては清潔感がただよい、何よりもこじゃれているではないか!
はやる心を抑えつつ早速商品のほうをみてみると、こぎれいに並べられた繊細できれいなケーキやマカロン。そして、丁寧に一つ一つ並べられたベーカリー達。

こういうお店を見つけると何が何でも試さずにはいられない私は、早速ケーキとクロワッサンなどを購入。 
今日はちょっぴり帰りの遅いダンナ君にいきなり

「ケーキ食べる?」

とたたみかけ(いいんです。彼もこの手のお店の研究に余念がないので)、さっそく、いただきました。今までNYで食べたペイストリーショップの中ではそうとういい線いっていると思いました。
そしたら、今夜丁度見ていたTVの日本語番組でこの店が紹介されておりました。なんでもセレブのシェフが担当しているとか、、、、。あまりのタイムリーな放送にびっくり。 この手のお店、家の近くにどんどんオープンしてほしいな!
[PR]
by okyovn | 2006-05-18 23:18 | 食べ物

娘のお気に入り。

b0098423_13235421.jpg














May17’06

 娘は周期的にマイブームが変わるよう。 それは、食べ物からビデオ、DVD、おもちゃにいたるまで色々です。

 例えば、食べ物。 今はまっていて、出せば絶対食べてくれるもの、、、、

    とり胸肉の茹でたもの (思いっきりさっぱりとしているがなぜか好き。) 
    中華のローストポーク (いわゆるチャーシュー)
    中華風の細いラーメン (ワンタンメンに入っているあのほそーいやつ)
    

     なんか、中華っぽいのばっかだね。

 ビデオ、DVDでは?

   バーニーのプログラム
   (マーイー、マーイーとかいってさわぐ。
    ちなみにマーイーとはバーニーのこと。)
   ピングー
   (ネットでDVDのオーダーを試みたが、在庫切れでがっかり、、、。
     ちなみに娘はピンブーという。)
   しまじろうう
   (このキャラはどうやらたくさんの子供たちをとりこにしている様子。)


 このマイブームに振り回される私。ま、好きなものがあるって事は、いいことだよね!
   
[PR]
by okyovn | 2006-05-17 11:58 | 子育て

炎の練習!?

May16’06

 最近、ピアノの鍵盤に手が届くようになった娘がしょっちゅうピアノをさわりたがるようになって、「むむ、いよいよ興味を持ち始めたか!」と見守っていますが、一体誰の影響?

実は、家のダンナ君は大のクラシック音楽のファンであり、ピアノがけっこうしろうとながらに弾けるのです。 毎年一回、友人ピアニストのEさんの生徒さんたちの発表会に臨時生徒となって参加させていただいているのですが、その発表会が土曜日に迫っている! もはや、ダンナ君は最後の追い込みと毎晩のように「炎のレッスン」ならぬ「炎の練習」を「繰り広げ、発表会の予行練習をしているのです。 
 もしかしたら、娘は父親をピアニストと勘違いしているかも????
b0098423_11343783.jpg

[PR]
by okyovn | 2006-05-16 11:22 | ひとりごと

なつかしの「ハンマー」

May15’06

 生まれて初めて「クリスティーズ」というところに足を踏み入れました。 

 オークションという言葉は自分からとっても遠い存在のように思えて、あまり考えて生きてこなかったのですが、今回のNYで開催されるクリスティーズでのオークションは、わけが違います! このオークションは色々なカテゴリーがあるわけですが、その中の「音楽楽器」のセクション。 
まさに私が10年以上にわたって愛情と汗と涙をそそぎ込んできたヴァイオリン、ストラディヴァリウスの「ハンマー」が、注目の的、主役なんです!その証拠にこの立派なカタログ、見てやってください! どうどうと表紙を飾っているではありませんか! カタログだけではありません。
クリスティーズのビルの外の大きなポスターにもば~んと、、、。 
これを最初に見つけたときは、なんだか胸が一杯になっちゃいましたね。 
で、明日がそのオークションの本番なわけですが、いつも本番前の数日、プライベートビューイングといって、あらかじめ手に取ったり音を出したり試すことが出来るチャンスがあり、なつかしのパートナー「ハンマー」に挨拶、或いはお別れ?をしに行ってきました、私。 

ガラスのケースに大切に保管されたハンマーは、長年会うことの出来なかった親友いや、親友以上か!に再会するような、気恥ずかしいようななんとも言えない気持ち。 手にとってみると、
「そうそう、この感じ。」 音を出してみると、その昔にワープしたような、昔の思い出や気持ちがどわーっと押し寄せてきて、弾き出したら止らない。 ひとしきり再開を味わった末、ようやくあずけてきた娘のことなどを思い出して、そそくさと楽器をガラスのケースにお返ししたのでした。

「ハンマーさん、長年にわたって素敵な思い出をありがとう! そして、どうかあなたを大切にしてくれる方と巡り会ってね!」


b0098423_13253655.jpg

[PR]
by okyovn | 2006-05-15 11:32 | 音楽