Kyokoのおもしろダイアリー
by okyovn
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:コンサートツアー( 65 )

シカゴ交響楽団定期演奏会

 ただいまシカゴ交響楽団定期演奏会出演中。というのは、アメリカの大型オーケストラでは常のことだが、定期演奏会というのは、3,4回行われる。 今回の定期演奏会も4回の公演がある。 木曜日から開始され、3日間連続して行われたのち、とんで、火曜日が最終公演。 今その中間のオフ日にあたる。やはり、待ちに待った公演ということもあり、曲もアルバン・ベルグというチャレンジなレパートリーであるだけに、楽しみだという気持ちと同じくらい、精神的なプレッシャーも物凄く感じる。 なんかこの緊張感は、内臓が押しつぶされそうな感覚に似ている。(といっても押しつぶされたことがあるわけではないが、想像上の感覚、、、、)一音たりとも納得できないような音は出したくないと切に願う気持ちがこういうプレッシャー感覚になってしまうんだろうなあ、、、、。
今まで3回の本番を済ませたが、毎回この特殊な緊張感は走るものだ、、、。
 最初のリハーサル。 ジュリアード時代の友人のロバートがコンマスでのっているかな?と思いきや、コンチェルトはおりた様子。今回のコンマスは、思いっきり背の高い非常にフレンドリーは男性だった。楽器にご興味があるのか、リハーサル中、指揮者が話していたりすると、ちょこちょこ「楽器は何?弓は何?」と話しかけてくる。 メンバーは、以前共演させていただいた時より、かなり若返っているように感じられた。 東洋人も多い。昔から何十年も弾き続けていますというメンバーの方々は、ほんの数人になってしまったのではないかしら、、、、。 
 やはりこのベルグ、そんなにしょっちゅうプログラムに載る曲との言えないだけに、最初のリハは、多少ずれなどが生じる。そして、この曲の難しいのは、スコアを熟知して耳慣れしていないと、合っているのかずれているのか瞬時にわかりにくいところにある。 このようなときに英語のよく使われる言い回しにI was swimming!というのがあるが、これは、よくわけがわからず探り探り演奏するというような意味になる。そんな言葉を団員から耳にしたので、シカゴSym.のメンバーといえども、この曲に関しては、最初から単純明快というわけにはいかないのだろう。 しかしながら、2,3回と繰り返しリハーサルをしていくと、あっと言う間に全体がまとまり、シカゴサウンドになっていく! 
 シカゴSym.の演奏は学生のころから、今までに何回となく聴き、演奏を聴いては感激していたオーケストラだけに、その彼らを前に演奏できること、なんという幸せなことだろうと、未だに夢の中のことのように感じる。
 お客様も今まで3回の本番、満席だ。同じプログラムを4回も続けて演奏し、毎回満席になるということ、このご時世、あらためて凄いなと思う。 そして、お客様が常にいいものを聴いていますという耳の研ぎ澄まされたお客様だということも凄く感じるし、とにかくこのオーケストラのことを誇りに思っているということがびんびんに伝わってくる。 拍手も非常にエキサイティングなものだ。 
 団員の方がたも楽屋で非常にフレンドリー。口々に声をかけてくださる。
 あと残すは、1回の本番、いよいブレーズ氏のバースデーコンサートだ!

写真 1)シカゴシンフォニーホール
    2)シカゴシンフォニーホール天井
    3)シンフォニーホール正面
    4)マエストロ、デイヴィッド・ロバートソン氏と。
b0098423_13581648.jpg
b0098423_13583590.jpg
b0098423_13585886.jpg
b0098423_1359167.jpg

[PR]
by okyovn | 2010-01-18 14:04 | コンサートツアー

いよいよシカゴ入り

 いよいよシカゴ入り。 サウスベンドから、今度は午前中で気温も安定していたせいか、一時間半ほどで到着。着いてみてわかったのだが、こんなに近いにもかかわらず、インディアナ州とイリノイ州では、一時間の時差があったのね、、、。 それにしても、車を降りてみると、やはりここも寒い!!マイナス10度以上はありそうだ。
 宿泊先となったのは、以前にも泊まったことのあるシンフォニーホールの目と鼻の先にあるヒルトンホテル。ここは以前、大きな広間にて演奏したことがあり、宿泊もして、大きなゴージャス系ホテルと記憶していたが、今回来てみて、フロントデスクの対応やら、ホテルの部屋の内容やら、今一つな印象をぬぐえない。案内されたお部屋は、内容はともかくとして、バスルームが非常に狭く、あちこちからだをぶつけそう、、、。 こういうときは、しつこくトライするべしと、フロントに他のお部屋の可能性をきいてみて、ふた部屋ほど案内されたのだが、いくとこいくとこ、部屋のグレードすら下がって行くような気が、、、。結局最初に案内された部屋にとどまることに。今回10日間と滞在がながいだけに、気持ちよく宿泊できるという環境は非常に大切なのだ。 そんなわけで、部屋を一通りチェックしてみると、「ん、ない。どこにもない!」そう、こういうホテルでは今や当然のごとく備え付けられているミニバー、(冷蔵庫)がないのだ! 「まさか!」とフロントに確認するや、3年前に一切のミニバーをとっぱらってしまったらしい、、、、。これも不景気の影響か、、、、。 しかしながら、あれがちょっとあるとないのとでは、便利さがねえ、、、、。飲み物や、ちょっとした食べ物だって置いておけるのに、、、、。 まあ、しょうがない。この気候ならば、外を冷蔵庫がわりにしたいものだが、15階ではどうにもならない。仕方なく、窓枠に置く作戦をとることにした。 
 リハーサル開始日まで少しオフ日があったので、外を散歩してみる。よくよく考えてみるとダウンタウンをゆっくり歩いたということはあまりなかったかも。 一人で歩き回ってみるとだんだん地理がわかってきた。
ダウンタウンをつなぐ橋を渡ってみると、シカゴ川は、凍りついていて、そこに割れ目が不規則に入って、なかなかきれいな模様を作り出している。しかしながら、この凍りついた川をみると、何年も前に起きたNYでの飛行機が確かハドソン川に不時着し、極寒の凍りつく川の中を乗客が助けを求めるという忘れられない光景を思い出してしまい、足がすくむ。「ぶるぶる~!!」
b0098423_13391510.jpg

[PR]
by okyovn | 2010-01-14 13:39 | コンサートツアー

美しいコンサートホール

 サウスベンドSym.とは、ブルッフのスコットランド幻想曲。この曲は、思った以上になかなか弾く機会の少ない曲で、取り上げるたびに、昔から体に染みついている、といったような感覚が薄い。弾き始めると、すっと入っていけるような気もするが、久しぶりに採り上げると、なんだかゼロから始めるような感じがする。 しかし、弦楽器の良さが表れる曲でもあるので、弾きがいがある。 リハは最初からコンサートホールで。以前ここへきたときには、違うホールだったそうなのだが、ここのMorrisParformingArtsCenter、非常に美しい!! アメリカの中西部にこんなに美しいホールがあるのだと、驚きと共に感動! デコレーションがとにかくきれいで、ステージに立つと目を奪われる。 響きも実に自然でいい感じ。 オーケストラも非常にフレンドリー。 本番は、こんな雪の天気によくと思うくらいたくさんのお客様がいらしてくださった。このくらいの天候状態は、毎年のことで、ここではなんてことないのだそうだ! 

写真
1)Morris Performing Arts Center
2)ここでのメタボまっしぐらの食生活。また、こういう気候だと余計油ギトギト系が食べたくなってしまうのだ、、。
b0098423_13164491.jpg
b0098423_13202052.jpg

[PR]
by okyovn | 2010-01-14 13:20 | コンサートツアー

20年ぶりのサウスベンド

 今回のアメリカツアー最初の地はインディアナ州のサウスベンド。 インディアナのコンクール優勝の関係から、インディアナ州の各オーケストラは全部廻ったと思われ、サウスベンドに来たのも覚えている。 懐かしい響きと思いきや、ここの音楽監督を25年以上勤める中国人指揮者、Tsung Yeh曰く、前回ここで共演したのは、89年だよ、と言われ、おっとそんなに前に話しになるのか!と時の経つのは早いものとあらためて思う。 その後、Yeh氏とは、香港のペニンシュラホテルのティーサロンで偶然にもお会いしたと記憶している。
 再びアメリカへのツアー、12月のテロ事件以降、セキュリティーが気になるところだが、案の定、2時間以上も出発時間を遅らせてでも徹底させるという厳しさ。 いつものようにゲートに行きつくと、何やら長~い行列が。他のフライトの列だろうとたかをくくっていたら、自分の乗るはずの便へのセキュリティチェックのための列だった。触診での検査のため、男女の列に分かれている。 なかなか進まない列にふと時計を見ると、すでに出発時間をすぎている。 あまりにも当然のことのように出発時間が2時間も遅れ、当然のことながら、到着時間も遅れ。乗り継ぎがないだけ救われたが、シカゴからサウスベンドまでのリムジンがちゃんと待っていてくれるだろうかと心配になる。 幸いにもドライバーに遭遇でき、無事サウスベンドまでの車に乗り込むことができたが、すでに降り積もっているところへ、さらに吹雪いていて、天候は最悪。道路のコンディションも悪く、通常よりも時間がかかって2時間半のドライヴで、やっと到着。なんだかとっても長い旅に感じられた。予定では、ホテルに着いてから少しはさらえるかな?と思っていたのだがそれも果たせず、のろのろ運転の車の中で、楽器だして弾いちゃおうか、という気になり、その昔、レーピンやギルがあまりにも時間がなくなって、オープンカーの屋根を開け、走行中練習したというエピソードを思い出してしまった、、、。宿泊のホテルはファーストフードばかりが並ぶようなハイウエイ沿い。ホテルも朝食しかサービスがない。 辛うじて持参していったおにぎりに卵焼きで夕食を。 あーお弁当持っていてよかった!
[PR]
by okyovn | 2010-01-14 13:03 | コンサートツアー

久々NYツアー

 遅ればせながら、昨年(もう昨年になってしまったのね、ついこの間のことだったのが、、、。)の久しぶりのNYツアーの写真集です。 今回は、カーネギーホールでの恒例、ジェイミー・ラレード率いるNYストリングオーケストラによるクリスマスコンサートに出演、バッハの3つのヴァイオリンコンチェルト(2つではないですよ!)を演奏しました。 あまり演奏されないこのコンチェルト、なかなかビルトゥオーソな曲です!
 それにしてもNY,懐かしかったです! 昔の住んでいた近所に、大きなアップルストアがオープンされていたり、あちこちお店が変わっていました。でも、2,3日いると不思議なことに未だにここに住んでいるような錯覚を起こしました。娘も、学校のお友達と再会でき、とても喜んでいました。 ピアニストの江口さん宅にもディナーにお招きいただき、素晴らしく美味しいカルビの煮込み料理をごちそうになりました。
以下、写真の説明です。
1)バッハの3つのヴァイオリンのためのコンチェルトの共演者、ラレード、ジミー、フリストーヴァと共に。
2)娘とお友達で、雪だるま作成中。(滞在中、物凄い大雪が降りました!)
3)雪だるま完成!雪だるまを丸く作るって結構難しい、、、、。
4)ロックフェラーセンターの名物、大きなクリスマスツリー。
5)サンタさんから娘へのプレゼント。アメリカンガール人形の着せ替えです。
6)江口家で登場したフルーツの花籠風アレンジ。 なかなかきれいです。
b0098423_723769.jpg
b0098423_741165.jpg
b0098423_75432.jpg
b0098423_762296.jpg
b0098423_765685.jpg
b0098423_77241.jpg

[PR]
by okyovn | 2010-01-05 07:07 | コンサートツアー

帰国しました!

 いよいよ全国リサイタルツアーのため、帰国しました!
帰国直前に、娘が高熱を出して体調を崩し、慌てましたが、なんとか元気になってくれて、学校にも通い始めました。 留守にする母をお許しあれ!と思いっきり後ろ髪をひかれる思いではありましたが、その分、頑張らなくてはと、気を引き締めていこうと思います。 偶然というかなんというか、共演者のピアニストイタマールも、間もなく2歳になる息子が中耳炎に急にかかってしまい、家族で帰国予定を大幅に変更、彼のみの旅行に変更したのでした。 今のこの時期、インフルエンザやら風邪やらとにかく蔓延状態なので、何が起こるか分からないっといった感さえ、ありますね、、、、。
 さて、帰国早々、今日はNHKスタジオにて番組「芸術劇場」のための収録をしてきました。 今回は、楽器なしのコメンテーターとしての出演ですが、先月来日されたピアニスト、レオン・フライシャーさんの特集ということで、共演したことのあるものとして、お話での出演をさせていただきました。 彼の今までのドラマチックな人生、そして、彼を襲った病気のことなど、が紹介されます。そして、何よりも帰国公演の演奏が素晴らしい、の一言につきます。手の届くことのできないような特別な境地に達した者のみなしえることのできる演奏という感じで、神々しいのです、、、、。 
 この番組は、12月4日(金)NHK教育テレビ夜10時30分からの放送になります。
すにかくフライシャーさん、素晴らしいのでぜほご覧くださいませ!
[PR]
by okyovn | 2009-11-26 00:26 | コンサートツアー

懐かしいアメリカのスーパーマーケット。

 この音楽祭も残すところ3日間。 コンサートも2回となりました。

 久々のアメリカで、懐かしいと思うところの一つがスーパーマーケット。特にここラホーヤは私が良く通っていた「ホースフーズ」に「トレーダージョー」があります。 トレーダージョーは特に10分以内の範囲に2件もあるようです。このオーガニックスーパー「ホールフーズ」はオーガニックのものが中心に売られ、その分多少値段設定が高いです。ディスプレーもこぎれいで、このスーパーならではのオリジナル食品もあって、見ていてあきることがないです。もう一つのトレーダージョーも独自のトレーダージョー食品があって、レベルも高いです。
(下記の写真は、ホールフーズです。) 

 ここラホーヤでは、一年に一回のイヴェント、車を運転するというということをしています。 初日からいきなり空港からレンタカーショップに連れて行かれ、そこからホストファミリーのお宅に運転していかなければならない、まさにチャレンジです。 私の運転技術はそういうわけで非常に危なっかしいものですが、道もわかっているラホーヤで運転するには、なんとかなっています。今回のアレンジされたレンタカーはなかなか大きな車でした。(写真参照)
b0098423_14585125.jpg
b0098423_14591575.jpg
b0098423_1501178.jpg

[PR]
by okyovn | 2009-08-18 15:00 | コンサートツアー

再びラホーヤへ!

 毎年恒例になりつつあるカリフォルニアのラホーヤ音楽祭に参加しています。 過去2年間、娘を連れて、シッターさんや家族と来ていたのですが、今回は、娘もフランスにお引越ししたばかりということで、私一人で来ました。ここでは、毎回同じホストファミリー宅にお世話になっていて、未亡人で一人暮らしのおばさまとともに過ごします。 このおばさまは、76歳ということですが、頭も物凄くシャープで、知的で、お料理の先生をしていたというプロの腕前の持ち主。 いつも矍鑠としていて、複数のソサエティーのボードメンバーをしていたりして、毎日とても忙しそう。明日は、16人を招待するという大ディナーパーティーをされるそうで、昨日からお料理の下準備をされていました。 (*写真はキッチン)
 今日は、今回メンデルスゾーンのヴァイオリンとピアノのためのコンチェルトを共演するジョイス・ヤングとリハーサルをしました。 彼女は、韓国生まれで10歳のときにアメリカに渡り、12歳のときにはすでにマネージメントに所属したという今最も勢いのある若手ピアニストの一人で、現在次々とメジャーオーケストラとデビューを重ねています。まだ20代前半ですが、大陸的なたくましさがあって、屈託なく非常に人なつっこい感じ。サラ・チャンを思い起こさせるような感じです。演奏もダイナミックで、それでいて、非常に相手が何をしてるか敏感にとらえ、それにすぐ反応できる室内楽の基本もちゃんと持っている、とても将来が楽しみになアーティストだと思いました!
b0098423_1239334.jpg

[PR]
by okyovn | 2009-08-17 12:17 | コンサートツアー

再びリサイタルツアー開始!

  昨年秋からスタートした小川典子さんをお迎えしてのリサイタルツアー後半が、今日から開始した。
昨年の11月から3か月ほど経っているが、この期間は演奏していなかったわけで、事実上寝かせてあったともいえるこのプログラムだが、こういった期間を経て、また、再演できる機会があるのは非常に嬉しいこと。
体の中に音楽が前以上に沁み込んでいく感じがし、そして、音楽を客観的にも感じられるようになる。
神奈川の港南区民センターが先頭バッターだったのだが、これから、17日は、同じく神奈川の鵠沼のラーラ、21日は愛知県の刈谷市、そして、最後が28日の京都となる。 典子さんは、私に色々な意味で刺激をくださる頼れるお姉さまという感じで、ご一緒していてとても楽しいです!
[PR]
by okyovn | 2009-03-16 00:13 | コンサートツアー

My Favorite City Vancouver!

 再び私の大好きな街ヴァンクーヴァーでのコンサートの機会が巡ってきた。 初めてこの地を訪れた時に見たビルの谷間に同時に見える美しい山々、そして、海の景色は忘れられないし、そのうえ食べ物も美味しいとあって、たちまち大好きな街になった。それから、2年前にも訪れ、そして、今回。 言うまでもなくとても楽しみにしていた。このように何回か訪れた街というのは、勝手もある程度わかっていて、安心感もある。そして、ここは、便利なことにちょいと日本食をつまみたいと思えば、あちこちに和食レストランや食料品店まで点在する。
今回、2月頭に開催されたフィギュアスケート、4大陸大会の名残を感じたのは、和食レストランを訪れた時、お店の入口に「浅田真央ロール」というハートの形をした巻きずしが売りとして大きく飾ってあった。フィギュアスケートは大好きなので、あー真央ちゃんも来たんだなあ、お寿司で元気付けたのかしら、などと勝手に想像をふくらませてしまった。
 それはさておき、こうして、オーケストラに呼び戻していただくということは、アーティストとして非常にうれしいことなのだが、再びこうして戻ってきて、メンバーの方々に再会できるというのもとても楽しみになこと。今回は、第一スタンドに色々な場所で何回も再会、共演させていただいている日本人の奏者の方もいて、心強かった。
指揮者は、これまたかなり何年も前になってしまうが、同じジュリアード出身のアンドリュー・リットン氏。彼は、ピアニストでもあるのだが、その昔、私の習っていたディレイ女史のスタジオでも伴奏などを弾いていたこともあるとか。最近日本に行く機会も増えて、美味しいものが食べられて、嬉しい!とおっしゃっていた。 曲は、いつ弾いてもチャレンジなエルガーのコンチェルト。このオーケストラも演奏するのは10年ぶりだそう。 でも、そんな時間のギャップは感じさせないオーケストラの状態はさすがだが、この曲は何しろ、ソリストはもちろん指揮者、オケメンバーと最後まで集中力を問われる大曲だ。 オーケストラもとてもたっぷりと情感こめて音楽を歌って下さり、それと共鳴して演奏することができたように思う。 しかし、この曲は50分という膨大なコンチェルトのせいか、調子にのって色々食べすぎたかなと思ったカロリーもすっかり燃焼してしまうようだ。
[PR]
by okyovn | 2009-02-28 00:14 | コンサートツアー