Kyokoのおもしろダイアリー
by okyovn
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:ひとりごと( 23 )

波乱含みの幕開け!

 年末にとんぼ返りで帰国。最近愛用しているパリー羽田便で、羽田深夜便でパリに戻る。家族とのクリスマスをゆっくり過ごせなかったこともあって、張り切ってお節料理を買い込み、お正月こそはと意気込んで戻ったはいいが、戻る機内から「ん?」喉があやしい、、、。先手必勝とばかりに、葛根湯を飲み、マスクをしてみたものの、喉の調子はどんどんおかしくなる。それでも帰宅して、お正月に備えるべく、大掃除とまではいかないまでも、部屋を整え、選択をし、お節に足りない食材を揃えるべく買い出しに。そのうち風邪なのか、時差なのかはっきりしないまま、疲れを感じ早めに就寝。翌日目が覚めると、状態は良くない。ベッドから起き上がるのもおっくう。熱をはかると38度近い。「あれれれ。」風邪を引いている場合じゃないのに、、、。それでも、母が娘へとお土産に持たせてくれたかるた遊びを娘にせがまれ、寝ながら参加。大掃除のおの字もないまま、はりきる娘の窓ふきのみに終わり、日本直送年越しそばも、主人にまかせ、やはり、ベッドから抜け出せない。いよいよ迎えた元旦は、朝から39度の高熱にうなされ、最悪の体調。久々に出たこの高熱に、いつもの風邪との違いを感じ、SOSメドサンに来てもらう。これは緊急時の往診で、フランス特有のもの。あーこのシステム、本当に助かる〜、と実感しながら、「多分、インフルエンザでしょう。」と診断され、主人に買って来てもらった薬で、一日も早く快復せねばと気持ちは焦るが、この熱なかなか手強い。解熱剤をもはねのけるようで、熱が思うように下がらない。それに、ベッドに寝る時間が長くなればなるほど、なんだか今までの移動の多かった生活の疲れがどよ〜っと溢れ出て来たかの様で、本当に体が重い。そうこうしているうちに、娘の真矢ががなんかおかしい、と言い出す始末。 軽く熱が出だした。 3日から学校が始まるのに、どうしたものかと思っていると、徐々に熱がじわじわと出だして、新学期早々、登校NG。罪悪感にさいなまれながらも、1月早々に予定されている香港行きの雲行きがあやしくなる。このまま熱が下がらなければ、香港まで出向く事は非常に厳しいではないか!食欲も落ちて、体力もない。立ち上がるとすぐに貧血が襲ってくる。咳も、止まっているときがないくらい出続け、喘息化している。このまま行って皆に菌をまき散らす訳にも行かない。結局、お医者様と相談し、苦渋の決断、今回の香港行きは見送る事になってしまった! 
 そんなこんなで、2012年の幕開けは、ハプニング続きとなってしまったが、まあ、これ以上悪くはならない、こればボトムラインと思って、上昇あるのみと信じる事にした。とにかく、元気でいられる事に感謝し、一日、一日を大切に生きて行く、それを2012年のモットーとしよう。
[PR]
by okyovn | 2012-01-11 00:56 | ひとりごと

久々更新。。。。

 なんと、3月以以来の更新になってしまった。 3月11日、突然襲った東日本大震災以来、今まで味わったことのないような、精神的にも不安定で、なんともとした落ち着かない悶々とした日々。

 この度の東日本大震災にて、被災されました皆様、心よりお見舞い申しあげます。

 私自身、震災が起きてから先月初めて帰国公演を行ったのだが、正直直前になるまで本当にコンサートが行えるのかどうか確信が持てず、大きな余震に襲われるのでは、とか、停電などが起きてできなくなるのでは、などと、心配で、地に足がつかず、、、。 でも、そんな中、共演させていただいたハンガリー出身のモーシェ・アツモン氏がリハーサル中に起きた余震にざわつくオーケストラメンバーに対し、「ただ単に揺れているだけ。何の心配もない!」と言い放ち、通常外国人のほうが地震に対し恐怖心をもつものなのに、、、と彼の真摯な姿勢に、揺れ動く気持ちに喝をいれられたかのようだった。そして、無事本番を終えることができたが、この状況下、満員のお客様が集まり、熱心に聴きいってくださる。その様子には、このようなイヴェントや、コンサートを人々が待ち望んでいたことをあらわすもので、「あ、音楽家の私にできることは、偉大なる癒しとパワーを与えてくれるこの音楽を、お届けする、奏で続けることなんだ」と、確信を持つことができた。 6月には、日仏合わせて3回のチャリティコンサートに出演するが、とにかく、前進のための第一歩を踏み出すためのエネルギーになるような演奏をしていきたいと思う。
[PR]
by okyovn | 2011-05-20 06:57 | ひとりごと

新年あけましておめでとうございます!


 2011年。 ついこの間2000年と言って盛り上がっていたはずなのに、あっという間に10年経ってしまっているではないか! この「あっという間」という感覚を毎年のように感じてしまっているこの私。なんとか、もっと一日、一日を一年分くらいに感じられるくらい、かみしめて時を重ね、納得のいく年越しを迎えてみたいもの。 よし、今年の目標は、これにしようか!
 というわけで、ブログのスキンも模様替えをし、新たな気持ちで、この一年をスタートしたいと思っております。
今年の皮切りコンサートは、東京フィルの定期、大野さんの指揮で、ひっさびさのバーンスタインのセレナーデを演奏。あまり、演奏されることの少ない曲ではあるけれど、いくつも聴かせどころを持っている、なかなかおもしろく聴きごたえのある曲だと思う。 このコンサートを頭に、新年大チャレンジスケジュールがスタートする。 この本番後、羽田発パリ行きにて、パリに戻り、3日後には、ヴァンクーヴァーへ。 ここでは、バーバーのコンチェルトを。それから、パリに一旦戻り、今度はフィルハーモニアとのスペインツアーのリハのためロンドンへ。その足で、スペインに出発、このツアーでは、ショスタコーヴィッチ1番のコンチェルト。その後、パリに戻った後、2日後に、日本へ。大阪フィルの定期で、ブラームスのドッペルを。そして、フランス物のリサイタルツアー。その後は直接アメリカはテキサス州アマリロに飛んで、アマリロSym.とブルッフのスコッチファンタジーを。なんだか想像すると胸がドキドキするスケジュール。 一か月に5曲のコンチェルトにリサイタルプロのスケジュールは、なんだか久しぶりのような、、、。 しかしながら、演奏の機会を与えていただき、そして、それを支えてくれる家族、応援してくださる方々がいるというのは、なんと幸せな事。娘も、たくさん練習する曲があって大変だね~と励ましてくれる、、、。
 2011年が、皆様にとって素敵な一年になりますように、、、、、
b0098423_9202343.jpg

にわか仕立てのお節もどき。パリ自宅にて。
[PR]
by okyovn | 2011-01-08 09:12 | ひとりごと

また、穴があいてしまった。

 ブログって一旦ご無沙汰してしまうと、どうしてこうも戻れないのでしょうか、、、、。
一つの事を長く続けるって、難しいです、、、。 なんと4月以来だ!
 また写真を整理して、アップするとしましょう! 

                        すっかり秋色のパリより。
 
[PR]
by okyovn | 2010-09-24 20:59 | ひとりごと

無事帰国

 母の体調も無事快復し、帰国の途について。 ホットひと安心。 今回の寒い気候の中、また、人の集まる時期での観光は、かなり過酷。体力を要するものだと、つくづく感じた。
 娘も皆がすべて帰国いしてしまったので、心にぽっかり穴ができてしまった感じで、しきりに今日は何するのの連発だった、、。
[PR]
by okyovn | 2009-01-03 16:04 | ひとりごと

旅先ハプニング

 朝電話があって、母が体調を崩したらしい。 様子を聞いてみると、何回も吐いてしまったとか。
兄の話では、疲れか風邪かとのこと。 とにかく、ポカリスエットとおかゆでも届ける。 何しろ明日帰国なのだから、なんとか快復しなければ、、、。 夕飯にきしめんなどを届けたらパッキングができるくらいにはなっていたが、、、。 こういう旅先で体調を崩すのは、辛いもの。幸い、医者の兄がいたので、必要以上にあわてることもなかったが、その兄も今日の早朝帰国。 明日は、なんとか快復することを祈って、、、。
[PR]
by okyovn | 2009-01-02 16:05 | ひとりごと

Happy New Year!!

新年、明けましておめでとうございます!

   昨年一年、たくさんの方々に見守っていただき、ご支援をいただきまして、有難うございました。 お陰様で、充実した一年を送ることができ、たくさんの心温まる思い出をいただくことができました。 

   2009年は、どんどん新しいことにチャレンジしていき、たくさんの刺激をうけることができたらと思っております。 
今年も、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
そして、皆様にとりまして、今年一年、健やかで素敵な年になりますように、お祈り申し上げます。


                          竹澤恭子
[PR]
by okyovn | 2009-01-01 14:50 | ひとりごと

やっと、、、、

 日本公演も終わり、無事NYに戻って娘と共に時差との戦いの日々を乗り越え、やっとペースが戻る。 娘も突然襲う眠気にぐずりながらなんとか、乗り越えたようで、睡眠ペース、食事ペースともに正常に戻った。 今日は、私の思いつき創作ハンバーグを「おいしい、おいしい!」を連発して、完食してくれて、涙ちょちょ切れだ。 次への旅行までの2週間、なんとか健康的生活をさせてあげたい、、、、、。
[PR]
by okyovn | 2008-07-14 11:16 | ひとりごと

ドクターの梯子?

 娘も私もどうにも咳が止まらない。娘は夜寝るときになると溢れるように咳が出始める。
あまり深い眠りも出来ないようなので、予定していたプレイデートも延期して、お医者様に。
やはり風邪ということで、でも、もう最終段階だろうということで、様子をみるしかないようだった。
娘は、最近はお医者様の待合室においてあるおもちゃや、終わりにプレゼントされるシールなどのせいか、いやがらずに出かけるようになった。
 せっかくのプレイデート延期にがっかりしているようなので、帰りにセントラルパークへ少し寄り、芝生の上でおやつを食べ、寝っころがる。木々の葉の隙間から気持ちよくさす木漏れ日が、なんとも気持ちよい。 娘も芝生の上をハイジになりきって走り回っていた!ほんの少し時間だが、親子ともども、こんなことが非常に良い気分転換になったりする。
 午後は、今度は咳が長引いている私がお医者様かかる番。 相変わらずお医者様のK先生は、情熱的な音楽トークを繰り広げられる。 思わず、自分が何しに来たんだっけ?なんて思ったりして。
でも、本業ののほうもとっても親切丁寧で、わかりやすく説明くださるので、何でもご相談できるのが嬉しい。 今日は、咳問題に加えて、飛行機で旅での耳抜きに効くお薬を教えていただいた。はてさて、効き目はいかに!
[PR]
by okyovn | 2008-06-03 11:59 | ひとりごと

深呼吸

 最後にブログを書いたのが2月だったとは、、、、、。 時の経つにはナント早いのだ。
今の今まで、子持ちヴァイオリニストとしては、嵐が吹き荒れたようなスケジュールだったせいか、いつの間にか梅雨が来ようとしているとは、なんだか時間がワープしてしまったような感覚。
 やっとNYにてちょっと深呼吸ができそう。 長くなった日を味わえる感じがする。 こんなときこそと、子どもにも100%で向かわなくてはと思うのだが、こればかりは、これで充分ということがない世界だけに、いつも親の都合に振り回される娘に申し訳ないと思うばかりだ、、、。
 今のうちにたまりにたまったあらゆる種類の垢を落とさなければ!
[PR]
by okyovn | 2008-05-26 12:42 | ひとりごと