Kyokoのおもしろダイアリー
by okyovn
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

雪のセントルイス!?

 久しぶりのセントルイス。 何年も前になってしまったバーバーの録音以来だ!
NYから2時間ちょっとの距離。 相変わらず早朝のフライトで、主人も娘も寝てるうちにそそくさとアパートを抜け出す。 いつも出かける前は、自分の荷造りだけにとどまらず、留守中の準備もあるので、いくら早朝の出発でも、けっこう夜中までなんだかんだやっている。
今回は、セントルイスSym.の定期で、初めてのシマノフスキー2番のコンチェルトを、ポーランドに指揮者、ジョージ・セムコウの指揮で。 曲も初めてだし、指揮者も初めてとあって、ちょっとドキドキ感もある。 でも、ここは私の長年の友人がオーケストラ事務で働いていることもあるし、とても良いオーケストラなので、非常に楽しみにしてきた。
 空港に着いてみると、気温はとてもマイルド。しかしながら、前もってオンラインで天気をチェックした際、目を疑うような気温の変化を知ったため、結局ダウンコートを着ていったわけだが、汗をかきそうなくらい温かい! あの天気予報、本当にあたるんかいな、と思いつつ、、、、、。
 さて、リハも2回済み、いよいよドレスリハと本番の当日。 いやはや、予報は的中、気温は半分以下に下がり、コートを持ってきて正解といわんばかりの天候に変化。 寒気とともに、気も引き締まってきたところで、楽屋にオーケストラ事務局長が、厳しい表情で登場し、「残念ながら、悪天候のため、今夜のコンサートはキャンセルにします」とのご報告、、、、。
 
b0098423_2543313.jpg
まさか、と思っていたが、ここセントルイスは寒波や雪があまりないため、そのための対策がほとんどゼロ状態なのだそうだ。 外をみると確かに凍った雨はふっているものの、道路などはただそれて湿っているかなというような状態。これくらいでキャンセルしてしまうのね、というような感じではあったが、お天気は午後、夕方、夜と悪くなる一方で、朝起きてみるとあたりは真っ白の銀世界になっていた。 TVでニュースを見てみると、いかにト道路状況が悪いか、凍りついた木などが倒れて停電などの被害がでている、空港は昨日は多くのフライトがキャンセルされたなどの情報が飛び込んできた。 
 ありゃりゃ、これはやっぱりキャンセルで正解だったんだろうなあ、と思ったが、一体、今晩のコンサートはどうなるのだろう?と不安がよぎる。 キャンセルならキャンセルで仕方のないことだが、なんとなく連絡待ちという状態も、なんとも落ち着かない。 こういうときこそ、日ごろできないような用事を済ませるべきなんだろうが、なんだか気が抜けてしまって、ダメだなあ、、、。
 しかしながら、気を取り直して、こうして、ブログでも書こうと思い立ったわけである、、、。
[PR]
by okyovn | 2006-12-02 02:55 | コンサートツアー