Kyokoのおもしろダイアリー
by okyovn
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

波乱含みの幕開け!

 年末にとんぼ返りで帰国。最近愛用しているパリー羽田便で、羽田深夜便でパリに戻る。家族とのクリスマスをゆっくり過ごせなかったこともあって、張り切ってお節料理を買い込み、お正月こそはと意気込んで戻ったはいいが、戻る機内から「ん?」喉があやしい、、、。先手必勝とばかりに、葛根湯を飲み、マスクをしてみたものの、喉の調子はどんどんおかしくなる。それでも帰宅して、お正月に備えるべく、大掃除とまではいかないまでも、部屋を整え、選択をし、お節に足りない食材を揃えるべく買い出しに。そのうち風邪なのか、時差なのかはっきりしないまま、疲れを感じ早めに就寝。翌日目が覚めると、状態は良くない。ベッドから起き上がるのもおっくう。熱をはかると38度近い。「あれれれ。」風邪を引いている場合じゃないのに、、、。それでも、母が娘へとお土産に持たせてくれたかるた遊びを娘にせがまれ、寝ながら参加。大掃除のおの字もないまま、はりきる娘の窓ふきのみに終わり、日本直送年越しそばも、主人にまかせ、やはり、ベッドから抜け出せない。いよいよ迎えた元旦は、朝から39度の高熱にうなされ、最悪の体調。久々に出たこの高熱に、いつもの風邪との違いを感じ、SOSメドサンに来てもらう。これは緊急時の往診で、フランス特有のもの。あーこのシステム、本当に助かる〜、と実感しながら、「多分、インフルエンザでしょう。」と診断され、主人に買って来てもらった薬で、一日も早く快復せねばと気持ちは焦るが、この熱なかなか手強い。解熱剤をもはねのけるようで、熱が思うように下がらない。それに、ベッドに寝る時間が長くなればなるほど、なんだか今までの移動の多かった生活の疲れがどよ〜っと溢れ出て来たかの様で、本当に体が重い。そうこうしているうちに、娘の真矢ががなんかおかしい、と言い出す始末。 軽く熱が出だした。 3日から学校が始まるのに、どうしたものかと思っていると、徐々に熱がじわじわと出だして、新学期早々、登校NG。罪悪感にさいなまれながらも、1月早々に予定されている香港行きの雲行きがあやしくなる。このまま熱が下がらなければ、香港まで出向く事は非常に厳しいではないか!食欲も落ちて、体力もない。立ち上がるとすぐに貧血が襲ってくる。咳も、止まっているときがないくらい出続け、喘息化している。このまま行って皆に菌をまき散らす訳にも行かない。結局、お医者様と相談し、苦渋の決断、今回の香港行きは見送る事になってしまった! 
 そんなこんなで、2012年の幕開けは、ハプニング続きとなってしまったが、まあ、これ以上悪くはならない、こればボトムラインと思って、上昇あるのみと信じる事にした。とにかく、元気でいられる事に感謝し、一日、一日を大切に生きて行く、それを2012年のモットーとしよう。
[PR]
by okyovn | 2012-01-11 00:56 | ひとりごと