Kyokoのおもしろダイアリー
by okyovn
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

学生時代を思いだす

 11月以来の帰国。帰る2,3日前からパリは急に厳しかった寒さが緩みあの極寒から抜けたかな、と思っていたら、意外にも帰国したら、日本のほうが寒いではないか!帰国時、コートをトランクに入れて軽装できたのだが、到着するや否や、コートをトランクから引っ張り出す。
 今回の帰国はコンサート一回のためのものなので、本当にとんぼ返り。全く余裕がないのだが、一瞬の暇を見つけてミッションである物の買い出しをすべく、スーパーやら、ドラッグストアやら、本屋やらを駆け巡る。
 今回のコンサート大野和士さんということだったのだが、過労の大野さんにドクターストップがということで、急遽、桐朋の同級生でもあった渡邉一正さんに変更になった。彼とは高校時代、ソナタクラスを一緒に取っていて、色々な曲を一緒に勉強させていただいた。彼は当時作曲科の生徒であり、また、非常に優秀なピアニストでもあったのだ。 最後の室内楽コンサートでは、ブラームスのソナタ1番を演奏したのだが、このソナタでは、色々な先生にたくさんレッスンを見ていただき、その時のことが今でも手に取るように思いだせる。彼が指揮者になってからは、共演させていただくのは今回が実は初めて。ひょんなことならこのような機会、しかもなかなか演奏されることのないバーンスタインを共演することになるとは、誰が想像しただろうか、、。 久々にお会いした彼は、何となく照れ臭そうにしている様子など、高校のころと変わらないように思われ、懐かしさを感じた。そして、今回のオーケストラ東京フィルには、クラスメートで仲の良かったチェリストの友人もいるし、桐朋時代の先輩、後輩がいる。リハの最初に、このクラスメートを見つけ、「お~~ひさしぶり~!」と心の中で叫ぶ。指揮者といい、オケといい、なんだか学生時代を思い出しながら、リハーサルに臨んだ。 バーンスタインのセレナードは、10年以上前にミルウォーキーSym.で演奏して以来になる、なかなか取り上げられることのないレパートリー、これはオーケストラにとっても同じと思われるが、それだけにリハーサルでは、皆も集中して臨む。一種のチャレンジ精神が加わるから。渡邉さんの指揮は、熱くなる半面、ちゃんとクールな耳を持っていて、棒も非常に的確でわかりやすい。ともするとわかりにくいエントランスもちゃんと合図をくれることを忘れない。彼は作曲プラスアルファ色々な楽器をあやつることができるのだが、とんでもなく難しいコンテンポラリー調の曲も聴音で書き取れるくらい驚異的な耳を持っていることを急に思い出した。 それにしてもこのように学生時代の仲間とプロとして演奏できるということは、なんだかとても嬉しく、エネルギーをもらう事が出来た!
[PR]
by okyovn | 2011-01-24 07:58 | コンサートツアー