Kyokoのおもしろダイアリー
by okyovn
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

My Favorite City Vancouver!

 再び私の大好きな街ヴァンクーヴァーでのコンサートの機会が巡ってきた。 初めてこの地を訪れた時に見たビルの谷間に同時に見える美しい山々、そして、海の景色は忘れられないし、そのうえ食べ物も美味しいとあって、たちまち大好きな街になった。それから、2年前にも訪れ、そして、今回。 言うまでもなくとても楽しみにしていた。このように何回か訪れた街というのは、勝手もある程度わかっていて、安心感もある。そして、ここは、便利なことにちょいと日本食をつまみたいと思えば、あちこちに和食レストランや食料品店まで点在する。
今回、2月頭に開催されたフィギュアスケート、4大陸大会の名残を感じたのは、和食レストランを訪れた時、お店の入口に「浅田真央ロール」というハートの形をした巻きずしが売りとして大きく飾ってあった。フィギュアスケートは大好きなので、あー真央ちゃんも来たんだなあ、お寿司で元気付けたのかしら、などと勝手に想像をふくらませてしまった。
 それはさておき、こうして、オーケストラに呼び戻していただくということは、アーティストとして非常にうれしいことなのだが、再びこうして戻ってきて、メンバーの方々に再会できるというのもとても楽しみになこと。今回は、第一スタンドに色々な場所で何回も再会、共演させていただいている日本人の奏者の方もいて、心強かった。
指揮者は、これまたかなり何年も前になってしまうが、同じジュリアード出身のアンドリュー・リットン氏。彼は、ピアニストでもあるのだが、その昔、私の習っていたディレイ女史のスタジオでも伴奏などを弾いていたこともあるとか。最近日本に行く機会も増えて、美味しいものが食べられて、嬉しい!とおっしゃっていた。 曲は、いつ弾いてもチャレンジなエルガーのコンチェルト。このオーケストラも演奏するのは10年ぶりだそう。 でも、そんな時間のギャップは感じさせないオーケストラの状態はさすがだが、この曲は何しろ、ソリストはもちろん指揮者、オケメンバーと最後まで集中力を問われる大曲だ。 オーケストラもとてもたっぷりと情感こめて音楽を歌って下さり、それと共鳴して演奏することができたように思う。 しかし、この曲は50分という膨大なコンチェルトのせいか、調子にのって色々食べすぎたかなと思ったカロリーもすっかり燃焼してしまうようだ。
[PR]
by okyovn | 2009-02-28 00:14 | コンサートツアー